電話番号0722260022

WEB予約24時間WEB予約

口腔外科

oral-surgery口腔外科

口腔外科とは

口腔外科は、親知らずの抜歯、インプラント治療、顎関節症、粘液嚢胞摘出、歯周外科、歯牙再植、根面被覆術など顔面および隣接組織の外傷や炎症、嚢胞、変形等を手術で治療する診療科です。

外科治療と言えば、歯を抜く治療や悪い部分を切除する治療が思い浮かぶと思いますが、状態の悪い歯や失った組織を回復する治療も含まれます。

きむら歯科では、幅広い外科治療の実績を持つドクターが、経験とエビデンスに基づく最適な治療を行なってまいります。また、症状に応じて提携医療機関へのご紹介も可能ですので、まずはご相談ください。

対象となる主な疾患・治療法

親知らずの抜歯

親知らずは生え方や埋伏の状態により、抜歯の方法や難易度が異なります。当医院では、症状に応じて歯科用CTスキャンを用いて3次元的に診査・診断を行い、治療についても丁寧に説明をしてまいります。より安全に、可能なかぎり患者様に負担がかからない治療をご提供しています。

親知らずの抜歯について

親知らずの抜歯

インプラント治療

インプラント治療は、失った歯を補う治療法の1つです。歯を失った箇所の顎の骨にチタン製のインプラント(人工歯根)を埋め込み、その上にセラミック等の人工歯を被せます。天然歯のように自然な見た目を回復できると共に、まるで自分の歯のように噛める機能的にも優れた歯を手に入れることが可能です。

インプラント治療について

インプラント治療

歯周外科

歯周病の症状が進行すると、通常の治療では歯周ポケットの深い部分の歯石が取れない場合があります。このようなケースでは、まず麻酔を行い、深い部分の根の表面を滑らかにすることで汚れを付着しにくくし、さらに炎症性の組織を取り除くことで健康な状態へ回復を図ります。また、必要に応じて、歯肉を支える骨を増やす薬(保険適用外)を使う場合もあります。

歯周外科

顎関節症

「口を開けると顎が痛い」「カクカクと異音がする」「口が大きく開かない」など、顎を動かす筋肉や顎の関節が正常に機能しない症状を顎関節症と言います。原因は、ストレスや生活習慣、噛み合わせや外傷の既往など様々なため、まずは原因を見つけることが必要です。患者様からしっかりとお話しをお伺いし、顎まわりの筋肉の状態や噛み合わせなどを診察し、患者様に合わせた治療プランを立て、原因の改善を図っていきます。

歯周外科

粘液嚢胞の摘出

粘液嚢胞とは、口腔内にできる丸くて軟らかい粘膜が小さく膨れ上がった腫瘤(しゅりゅう)です。口の粘膜を誤って噛んでしまった場合など、外からの刺激で唾液をつくる組織から唾液の出口までの筒状の通路が詰まり、周囲の組織に唾液がたまって袋状になった状態の病気です。噛んでしまうことの多い下唇の粘膜や、頬の粘膜に発症することが多く、自然につぶれたりできたりという状態を繰り返すと、次第に硬くなっていきます。その場合、改善するには摘出する必要があります。

歯周外科

歯牙再植

怪我や事故などで歯が抜けかかったり(脱臼)、あるいは完全に抜けてしまっても、歯を元の位置にもどすと再び歯は生着する可能性があります。そのとき重要なのは、歯の根の部分にある組織(歯根膜)が損傷せず残っていることと、汚染されていないことです。

抜けてしまった歯は、汚れを強く拭き取ろうとしたり水で洗い流したりはせず、乾燥しないように保存液や牛乳があればその中に入れて保存しましょう。どちらもない場合は、軽く汚れをとってから口の中に入れておくことで歯根膜の変性を防げます。それからすぐに歯科医院で受診しましょう。

歯周外科

ページTOPへ ページTOPへ