電話番号0722260022

WEB予約24時間WEB予約

虫歯治療

caries虫歯治療

「安心」の
やさしい虫歯治療

当院では、できる限り患者様の痛みを少なくするために、さまざまな取り組みをしております。麻酔注射や治療の痛みが不安という方にも、安心して診療を受けていただけます。

  • 表面麻酔
    歯ぐきに注射針を刺す前に塗るタイプの麻酔です。表面麻酔を塗ることにより、歯ぐきに針を刺すときのチクッという痛みを感じることなく麻酔の注射を行うことができます。
  • 超極細の針を使用
    当院では注射針にもこだわり、非常に細い「33G」という種類の針を使用しています。33Gとは髪の毛と同程度の細さを意味します。
  • 電動麻酔を使用
    電動麻酔を用いることで、患者様の状況や注射部位によって最も痛みの少ない速度で一定に注入できるため、麻酔注入時の痛みを抑える効果があります。
  • 麻酔液の温度調節
    麻酔液の温度と体温との差が大きいと、周辺組織が拒否反応を起こし痛みが強く出る事があるため、当院では体温との温度差が生じないよう、麻酔液を専用のウォーマーで人肌に温めた状態で使用しています

虫歯の
初期治療の重要性

虫歯は初期の段階ではほとんど自覚症状がなく、ある程度進行してから歯がしみたり痛みが出始めます。また、症状が進んだ虫歯は自然治癒することはなく、放置すればどんどん悪化してしまい、重症化するほどに治療も複雑化し、治療期間も治療費もかさんでしまいます。

虫歯は早期に発見できれば、ほとんど痛みを感じることなく治療が可能です。お口まわりに違和感があるときは、なるべく早く歯医者で受診するよう心がけましょう。

歯を失わないためには

早期治療とあわせて重要なのが、虫歯になった根本的な原因を改善し、数年後に同じ治療を繰り返さないようにすることです。治療した歯は元の状態に戻るわけではなく、治療を重ねるほど歯の寿命は縮まります。そうして同じ歯の治療を5回ほど繰り返すと抜歯に至り、歯を失うとされています。

将来的に歯を失わないためには、この「負のサイクル」に入らないようにすることが大切です。また、既にこのサイクルに入ってしまった歯は、できる限り早期に治療を行うとともに、口腔環境や生活習慣などに隠れた根本的な原因を発見し、改善を図ることが必要です。

歯を失わないためには

虫歯対策で最も
大切なことは「予防」

当院では、カウンセリングや検査を通じて「そもそもなぜ虫歯が発生するのか」という原因を探り、患者様一人ひとりに合わせた治療や指導をしています。同時に、定期的な歯科検診やメンテナンスを通じて、虫歯ができる前に予防できるよう、長い目線でしっかりとサポートをさせていただきます。

予防

虫歯治療の流れ

  • 虫歯の検査
    レントゲンや検査器具を用いて、現状の虫歯の進行度合いを確認します。
  • 治療計画の説明
    患者様に虫歯の状態と治療計画についてご説明します。患者様にとって最適な治療法をご提案し治療をすすめていきます。
  • 虫歯の部分を除去
    虫歯の病巣を取り除きます。歯の神経まで虫歯が達している場合は、神経の治療も施します。
  • 詰め物・被せ物の装着
    虫歯の箇所や進行度合い、大きさやお口の状態に合わせた詰め物または被せ物をしていきます。
  • 予防・メンテナンス
    虫歯の再発を防止し予防するために、当院の予防プログラムに沿って定期的にメンテナンスを行うことで、末長くサポートをしてまいります。

虫歯の進行度と
各治療法

<C1>
歯の表面の虫歯

歯の最も表面にできた初期段階の虫歯です。痛みやしみるといった自覚症状はないため、ご自身では気づけない場合が多いですが、歯科医院での検診で早期発見できれば、簡単な治療で終えることができます。また、この段階の症状であれば、適切な歯みがきや、歯にフッ素を塗ることで進行を止められる場合もあります。

歯の表面の虫歯

治療法

歯みがき指導とフッ素塗布を行います。症状にお応じて虫歯の部分を除去し、樹脂で補填を行うこともあります。

<C2>
歯の内面の虫歯

虫歯が歯の表面を溶かし、内部にまで進行した状態です。歯の中には神経と通じている細い管があり、冷たいものや甘いものがしみることがあります。これ以上進行してしまう前に、早めの処置が必要となります。

歯の内面の虫歯

治療法

病巣を取り除き、樹脂や金属でできたインレー(詰め物)またはアンレー(被せ物)等の人工物で補填します。

<C3>
歯の神経にまで達した
虫歯

虫歯がさらに内部にまで深く進行し、神経まで達した状態です。何もしていなくてもズキズキと痛みが出たり、熱いものでもしみるなど症状が深刻化してきます。

歯の神経にまで達した虫歯

治療法

虫歯と神経を除去し、歯の根っこ部分の治療(根管治療)を施し、金属や樹脂などの被せ物で補填します。

<C4>
歯の根元のみ
残っている虫歯

歯の根元部分のみになっている重症化した状態です。神経が死んでしまっていることから痛みがなくなりますが、膿がたまると再び痛みが生じます。抜歯に至るケースも多くなります。

歯の根元のみ残っている虫歯

治療法

歯を残せる状態であれば、根管治療を施します。また、抜歯が必要な場合は、抜歯後に入れ歯やブリッジ、インプラントなどの人工物で補填します。

ページTOPへ ページTOPへ